歯医者

歯医者でインプラント治療をするなら事前に知識を|笑顔でトゥース!

様々な問題

先生

まるで完成された治療のように思えるインプラントですが、まだ問題点をいくつか抱えています。このインプラント治療は、元々海外で考案されていた治療ですので、外国人の骨格で計算されて作られました。外国に比べて華奢な日本人の顎では、まれに骨格的にインプラント治療が出来ない場合があるのです。他にも、整形手術で骨を削っている人、事故等で破損した、傷がある等で顔や顎の骨に何らかの問題がある人、そして骨粗しょう症等で骨が弱っている人には、安全の為にもこのインプラント治療はできません。
更に、根本を支えるのはインプラントによって埋め込んだ金属だとしても、それを口内で支えてくれるのは貴方の健康な歯茎になります。ですので、歯茎が歯周病にかかっている、弱っている、既に歯茎下がりの症状があると、人口歯を埋め込んでも支えきれずに抜けてしまう、折れてしまう可能性がありますので、同様に施術はできません。下がってしまった歯茎は元には戻りませんので、あまりにも歯科治療をサボっていると、最終手段であるこのインプラント治療ですらどうにも出来ない状態になってしまう事があります。
また、この治療は日本国内ではまだ審美的な治療としてしか認められていませんので、どうしても治療費が事故負担となり、高額です。1本20万円前後かかってしまいますので、金銭的な面でもまだ全員が積極的に受けられる治療では無いのです。気になるのであえれば、歯医者で1度相談して見て下さいね。